コロナ対策

新型コロナウイルス(COVID-19)
感染拡大における当院の感染対策に関して

当院では、厚生労働省、CDC(アメリカ疾病予防管理センター)、国内外の最新の論文や学会より最新のコロナ関連情報を収集しております。

*4月30日 日本歯科医師会より「本日まで歯科治療を通じて患者が新型コロナウイルスに感染した例は1件もない。」との発表がありました。この事から、歯科医院が際立って感染症に罹患するリスクが高いと報じた海外の情報は誤っていた可能性があります。
しかし、日本ではPCR検査数の少なさから、正確な患者数が把握できてない可能性もあります。
つまり、我々歯科医療従事者は今後も油断することなく、国内外の信頼出来る論文を精査して万全の感染対策をして行っていく必要はあると考えております。

歯科医師、スタッフにとって感染リスクが高いとされる歯科医療現場ですが、これまで歯科治療を通じて患者さんの感染報告はありません。更に感染予防策を徹底し、かかりつけ医として皆様の口腔健康管理に努めてまいります。

歯科医師は常日頃から感染対策を万全にしています

歯科医師は、常日頃から歯科治療における唾液や血液の飛沫から起こりうる肝炎やエイズなどの感染のリスクにさらされており、そのような感染症から身を防ぐよう、マスク、グローブ、ゴーグルの着用といった、徹底した対策を行っています。これは患者様に直接触れる歯科衛生士などのスタッフにおいても同様です。そのため、スタッフが患者様からコロナ感染を受けるということはまずありません。

〜米澤歯科醫院から安心して患者様に治療を受けていただく為のお約束〜
①スタッフの体調管理を徹底し、検温の実施、手洗いを徹底しています



②スタッフは患者さまごとにアルコールでの手指消毒を行います。




③もちろん患者様ごとの器具の消毒は、
オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)やオイル滅菌器を用い、万全に行なっております



④患者様ごとにチェア周りを次亜塩素酸(200ppm)で消毒しています


④もちろん、待合室の椅子や、ドアノブ、
患者様が触られる場所はすべて、患者様ごとに消毒をおこなっております。


⑤受付から診療室の全ての部屋で、ウイルス対策に有効な加湿を行なっています。
加湿液には赤ちゃんでも安全と言われる有効濃度(50ppm)の次亜塩素酸を使用しています。