院長コラム

2017年7月18日 火曜日

歯科医師が選ぶ「いい歯医者」 意外なポイントとは?

歯科医師が選ぶ「いい歯医者」 意外なポイントとは? 先日週間朝日のAERAでこんな記事がありました。
記事によると、玉石混合と言われる歯科医師において、無差別にアンケート行ったのでは無く、勉強している歯科医師を選択した、と。
その結果



なるほど、専門分野とか、所属して勉強する学会とか、納得。次に、記事によると意外であったこと。





③の技術的なことが来ると思いきや、①の治療計画がだんとつ1位であった。虫歯治療や、歯周病治療、インプラント外科手術の技術などが高いことはあたりまえ。
その上で、一口腔単位として、総合治療計画を立てる重要さ、や難しさを指摘しているのだろうflair

先日、日本インプラント臨床研究会というところに招聘され、一時間講演を行ってきました。熱海fishで旅館が会場!




実はこの連休はSJCDの講義と下間矯正研究会の発表とで大阪じゅうハシゴでしたので、講演お断りしようと思ったのですが、熱海fishと聞いて喜んで受けましたsmile

内容はまさしく、そのインプラントや矯正治療を含む総合治療計画について。



           



大変難しい内容にもかかわらず、皆さん一生懸命お聴きいただきました。歯周病と歯の喪失が絡んだ治療計画は非常に複雑です。この方法を広めていくのが私の、ライフワークです。








投稿者 米澤歯科醫院 | 記事URL

2015年8月10日 月曜日

開業セミナー



sun昨日開業セミナーを行いました。
新規開業を考える歯医者さんが受講するセミナーです。
私はいわゆる学術講演ばっかりで、このような経営講演は初めてです。(笑)
主催者側として、今回、歯科チェーン展開しているなど経営に特化した歯科医師(経営者)の話ではなく、
きっちり質の高い診療スタイルを守りつつ小さいなりにしっかり経営をしている歯科医師ということで、ご指名でした。coldsweats01

私は歯科医の家系でもなく、学校も全て公立で、経済的裕福でもなかった人間ですが、どうやって開業をしてきたか、
そのような話をしてきました。

歯科医師のワーキングプア(経済的貧困)が問題になり、皆さん不安なんですね。私も昔を思いだします。
いい仕事をしてしっかり経営できるよう、みなさん頑張ってください。delicious

投稿者 米澤歯科醫院 | 記事URL

2014年11月20日 木曜日

SAFE

いま、歯科は過当競争にさらされています。
経営が成り立っていない病院は大変です。
そんな状況で自費診療のインプラントに手を出さざるをえない。
しかし、そのインプラントも価格競争にさらされています。ネットで調べれば分かる通り激安がたくさんあります。
例えば当院のインプラントシステムは世界の一流ブランドしか使いませんが、それでは到底材料費が出ない価格設定です。大量仕入れとか、信頼のある日本製、、とか売れそうな言動を羅列していますが、現実は少し微妙です。患者さんにとっては価格破壊は一見朗報ですが、技術と製品に信頼性はあるのでしょうか?トラブルは数年後も起こり続けます。
私の衣服や個人的趣味グッズなら、やすくていい物とか、話題沸騰中のはやりもの(すぐにすたっても気にならない)でも全然いいのですが、人の体に埋め込む物です。歴史とエビデンス(確証)がある一流品しか私は使いません。

こんな背景もあって世の中にはインプラントトラブルが続出し、社会問題になっています。

インプラントはいい物です。
入れ歯より便利ですよ、とか分かりやすいメリットも当然ありますが、周りの歯を削らない、周りの歯への負担を減らす、よって口の中の噛み合わせが崩壊するのを止めることができる、すばらしい人工臓器です。
このメリットを患者さんは選択肢として考えることもなく、風評に惑わされて、拒否されてしまいますことはインプラントや噛み合わせの講師等をする私にとっては悲しいことです。

前歯のインプラントは高度な知識と技術が必要です。患者さんに行う以上自分がされてもいいと思う治療でないといけないと考えて自分の左上前歯は抜歯の必要はなかったのですが、インプラントにしました。



まず、歯科医師に正しい治療を広めよう。トラブル症例から学ぼう!と芦屋の有名な野阪泰弘先生と二人で発案した勉強会がSAFEです。
トラブル体験を共有して安全なインプラント治療を広めよう。
という趣旨で3年半、関西の超有名なインプラントの先生20-30名で勉強会をしてきました。

この7月16日そのSAFEの第一回総会を行われました。
なんと歯科医師450名ほどが講演を聴きに来られました。注目されています。
オープニングのプレゼンをしました。新しい試みで、大人数で、私、久しぶりにちょっと緊張しました(笑)



これからもこのような取り組みを続けていきます。
私たちのように、経営優先ではなく、安心安全のインプラントを真面目に行っていることを社会に認知してもらえるようにもがんばっていきたいと思います。それは歯科界のためでもあると同時に患者さんのためと思っています。

投稿者 米澤歯科醫院 | 記事URL

2014年8月 1日 金曜日

師と友について

師匠の本多正明先生



師匠との出会いはさかのぼれば十年以上になります。右も左も分からない若い私をひらってくれた恩人です。
 卒業2-3年の当時私はインプラント、歯周病手術などに興味があり没頭していましたが、噛み合わせの重要性にきづき、あとで述べる矯正の師匠の下間一洋先生の影響で、ナソロジーという咬合の学派の東京の丸山公一先生のオフィスに泊まりこみさせていただいたりして噛み合わせの世界に引き込まれました。
 関西にもどり、途方もなくさまよい歩いてたときに、本多正明先生に出会いました。当時勢いばかりで扱いにくいの20代の私を面白がっていただき、私たちのために勉強会を作って頂いたりしました。
 
 あれから十年以上たちますね。
本多先生は、大きなご病気をされたことがありました。もう先がないかもという告白で、私自宅で号泣した事もありました。私も開業したり、国内外で発表のチャンスを得たり、いろんな先生にお世話になったり、本当にいままでいろんなことがありました。
 本多先生におせわになったのは学術の事だけではありません。人間としてどう生きるか、今でさえよくお説教いただきます(笑)。
40才も超えてかなか面と向かって(馬鹿もん!!!!!!!!)なんていってもらえませんよね。 
怒られている内容に納得できるかどうか別にして(笑)、本当に大切にしていただいている愛情を強くかんじられることは、幸せなことですよね。  
私もそういう人間になって沢山のひとを幸せにしたいとおもっています。
 また沢山の仲間に出会ったことも本多先生のおかげです。みな、おそらく一生の付き合いでで、ライバルでもある友に恵まれたことを感謝しています。

 矯正専門医の下間一洋 先生は本多先生より時期をさかのぼる、もう一人の師匠です。
昨日も世界舌側矯正学会で講演されて応援に行かせて頂きました。
彼がいなければいまの私は存在しえません。 
かみ合わせの世界にひきずり込んでいただいたのも、下間先生の影響です。
診療後、屋台のラーメンをご馳走になりながらいつも歯の話ばかりをしていただきました。
 先週も私東京で講演させていただいたテーマは矯正の咬合です。有名な大学の矯正専門の先生の前でお話させていただくのは非常におこがましかったのですが、一般医と専門医のかけ橋になれば、ということが私の使命だとおもっています。

 人間一人では何もできません。師匠がいて、仲間がいて、私がいる事を強く感謝しています。そして、その恩返しは私が次の世代にそれをすることだと思っていますね。

投稿者 米澤歯科醫院 | 記事URL

2014年3月17日 月曜日

院長コラム

こんにちは、はじめまして、米澤大地です。
コラムをはじめました今日は私の自己紹介と、歯科医としての歩みと哲学(すこし大げさですが)に触れてみたいと思います。   

 昭和45年6月2日生まれ、戌年のふたご座、A型です。確か、団塊ジュニアの人口のピークは私の一学年下です。ちなみに私は大学一浪なのでピークです。男兄弟三人の末っ子、末っ子といえば可愛がられて育ったイメージですが、三人平等に厳しく育てていただいたことは両親に感謝しています。両親ともに恵まれた裕福な家庭であったわけではなく、苦労をして、日本を支えてきた団塊世代です。大手メーカーで電車製造一筋の父でした。 
 兄弟にしても、同級生にしても、何しろ人口が多く競争、競争。詰め込みの塾通いなどしてもらえる経済的余裕もない家庭でしたし、ある意味のびのびと育ってきましたが、ナンバーワンよりオンリーワン!なんて歌ってもらえる世代ではなかったですね。 神戸市の小中を卒業し、県立の長田高校を卒業しました。数学が苦手で現役のとき早稲田の政経にいけそうでしたが、両親に学費、仕送りが不可能と宣告され、あきらめて浪人させてもらいました。 
 親戚に自営業や医師などおらず、アドバイスをもらえる人もおらず、進路に悩みましたが私は独立できる業種に興味を持ちました。建築家にあこがれましたが、物理が嫌いでした。会計士か、弁護士も考え、岡山大学の法学部も受かっていましたが、歯科は斜陽産業と知りながら何か職人的なとこにに惹かれたんでしょうか、長崎大学の歯学部を受験しました。

 今、歯科医を選んだことをどう思うか、ともし聞かれたら、天職です。と迷わず答えます。
周りの人はおそらく米澤の趣味は歯だろうって言いますね。「花鳥風月みな料理なり」と言われる私の尊敬する近所の料理人の友人がいます。私も似た人生を送っているようです。ちなみにその方は最近ミシュランの星を獲得されていました。  

 神戸のある開業医で7年お世話になりました。厳しい先生でしたが、歯周病学、インプラント治療などを恵まれた環境で勉強させていただきました。ほぼ同時に矯正では矯正専門医の下間一洋先生に師事し、勉強させていただきました。下間先生は私たち一般歯科医にも矯正を教えていただける貴重な先生です。GP(一般歯科医)こそが総合力があり、努力すれば専門医をしのぐ矯正が出来るといっていただけます。一口腔全体を治療することが多く、咬み合わせ、咬合の知識の必要性を痛感したのが臨床三年目のとき内藤先生との出会いです。以後、東京のナソロジー学派という咬合学派の継承者の東京の丸山公一先生教えを請い、一週刊も泊り込みさせていただいたこともありました。
 その後人生の師である咬合の大家、本多正明先生と出会い今に至ります。師についてはまた後日のコラムで書くつもりです。

 勤務時代から、歯、歯、の毎日でした。現在、結婚して13年たちますが、平日は遅く週末はいない生活に文句ひとついわず妻は慣れてくれています。  8年前、西宮甲陽園に開業しました。勤務医のときから私の進む方向性は軸ぶれがないつもりでいました。何のことかと申しますと、どのような診療スタイルで、どのレベルの治療をするのか、歯科医の考えによってまちまちであるということです。資産も、人脈もなく、腕ひとつを信じて開業という大事に向かいましたが、師の本多正明先生は、開業前に診療所を尋ねていただき、「米澤、(方向性がぶれないためには)我慢が必要やど。」といってくださいました。苦しい開業時に多くの弟子たちが経営に専念する診療スタイルに変わっていったことを見てこられたのでしょう。 

 私は、大きな駅前開業も考えましたが、もしその気なら、どんどん宣伝費を投入して、患者さんをかき集め大もうけすることも可能だろうと考えてしまうことがイヤだったので選びませんでした。現在の開業地は住宅地なので、良くも悪くも患者さんは成功しようと失敗しようと、多くはご近所に住まわれており、よい評判も悪い評判も一緒に住まないといけないという覚悟の表れです。  
 今はインターネットの普及で、その傾向はますます顕著になっていると思います。よい仕事をしていい評判を得たい!と考えており、宣伝費をつぎ込んでよい評判を得たいとはやはり考えていません。時代の流れに逆行する氣はありませんが、自分の軸が触れないようにといつも思っています。

 私が携わっているのは医療であってビジネスではありません。しかし、ビジネスをおこなうメーカーなど企業がなければ私たちは存在しえません。そのバランスを欠く企業や、商品をいつも見抜かなければ、それに乗せられた歯科医と歯科医を信じるしかないその患者はともに不幸な目にあっていきます。メーカーもトップの考えひとつで方向転換し、危険な売り上げ倍をしていくこともあります。私たちは患者さんと一緒に年を重ね、自分のした仕事は一生守る責任をとる、という信念を絶えずわすれてはいけないと思っています。  こういう熱い話しは長くなるので、それでは次回、師と友について書いてみたいと思います。

投稿者 米澤歯科醫院 | 記事URL

カレンダー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31