院長コラム

2018年1月18日 木曜日

15周年を迎えて。〜歩んできた道のり〜



おかげさまで米澤歯科醫院は15周年を迎えることができました。
これも地域の皆様が温かく迎え入れていただいたおかげです。

早いものでもう15年になりますが、思い起こせば開業時、当時若干32歳でした。

長崎大学を卒業後(首席と言いたいですが、あまり真面目な学生ではありませんでした(笑)

神戸の歯科医院に就職し、ガムシャラに勉強させていただきました。
厳しい医院長ではありましたが、自由にさせていただきました。

精神的に追い詰められながら?必死でがんばる20代でした。
勉強することは苦にならない人間ですので、かたっぱしから本を読んで勉強しました。

歯科では高額な歯科研修会が多く存在しましたが(現在では、私の主催も含め、多数講師を務めています)、
何しろ当時貧乏で自力で勉強するしかありませんでした。
それでも矯正治療など必要なものを厳選し受講しましたが、当時年収より高かったですね。

今の時代では早いですが、27にして結婚もし、妻と二人で苦労を楽しみましたね。

しかし、私には素晴らしい出会いがありました。
師匠の下間一洋先生(矯正専門医)と本多正明先生(補綴専門医)に出会えたことです。
本多先生は親父のようなもので、無鉄砲で、無作法な私を人間教育からしていただいたと思っています。

 開業というものは、サラリーマンの子供の私には大変大変大きな勝負でした。
それに向けて邁進した20代ではありましたが、莫大な借金をして、もし何かあれば両親の家ばなくなるということです。
(兄弟、父母にお願いし、実家を担保にさせていただきました)。

開業当初32歳の私は、万全を期してきたと自負はあれど、まだまだ不安な毎日でした。
そんな時、師匠が医院を訪れて、私を励ましました。

『米澤、ブレるなよと』。

多くの弟子たちを見てきて、開業すると、儲かる方へ、経営に専念する歯科医が多いのです。
私は、この学術の世界で病院をまかない、身を立てていくと決心したのですが、嬉しい一言でした。
 
開業後、順調に全てが進みました。

しかし、医院経営の方は、開業後3年くらいで起こったリーマンショックとともに一時傾きました。

住宅地の開業なので、どこかで頭打つことは予想はしていましたが、医院にとって試練でした。
それから、学術だけでなく患者さんの満足度や、接客もスタッフ皆で考えるようになりました。

よくある、歯科医にぶら下がっている(たかる?)経営コンサルタントには手を出しませんでした。
出してはいけないと、若い先生には私は今では指導しています。

等身大の技術以上の経営をすべきではないと思うのです。

医業はサービス業ですが、商売ではありません。
ですので、歯科に関しては貪欲な向学が必要ですが、経営に関しては等身大かそれ以下のもので十分です。

患者さんがいい迷惑です。経営の勉強ばっかりしている歯科医院には、私でしたら通いたくありません。

 そして、開業して15年。
おかげさまで、私には想像できなかったほど、歯科界で名が売れるようになりました。

今年は戌年を代表する歯科出版社の新聞まで掲載させていただきました。




全ては患者さんのために。
様々な活動を通してさらに研鑽し、患者さんのためになるよう、スタッフ一同努力していく所存です。



米澤歯科醫院 米澤大地

投稿者 米澤歯科醫院 | 記事URL

2017年7月18日 火曜日

歯科医師が選ぶ「いい歯医者」 意外なポイントとは?

歯科医師が選ぶ「いい歯医者」 意外なポイントとは? 先日週間朝日のAERAでこんな記事がありました。
記事によると、玉石混合と言われる歯科医師において、無差別にアンケート行ったのでは無く、勉強している歯科医師を選択した、と。
その結果



なるほど、専門分野とか、所属して勉強する学会とか、納得。次に、記事によると意外であったこと。





③の技術的なことが来ると思いきや、①の治療計画がだんとつ1位であった。虫歯治療や、歯周病治療、インプラント外科手術の技術などが高いことはあたりまえ。
その上で、一口腔単位として、総合治療計画を立てる重要さ、や難しさを指摘しているのだろうflair

先日、日本インプラント臨床研究会というところに招聘され、一時間講演を行ってきました。熱海fishで旅館が会場!




実はこの連休はSJCDの講義と下間矯正研究会の発表とで大阪じゅうハシゴでしたので、講演お断りしようと思ったのですが、熱海fishと聞いて喜んで受けましたsmile

内容はまさしく、そのインプラントや矯正治療を含む総合治療計画について。



           



大変難しい内容にもかかわらず、皆さん一生懸命お聴きいただきました。歯周病と歯の喪失が絡んだ治療計画は非常に複雑です。この方法を広めていくのが私の、ライフワークです。








投稿者 米澤歯科醫院 | 記事URL

2015年8月10日 月曜日

開業セミナー



sun昨日開業セミナーを行いました。
新規開業を考える歯医者さんが受講するセミナーです。
私はいわゆる学術講演ばっかりで、このような経営講演は初めてです。(笑)
主催者側として、今回、歯科チェーン展開しているなど経営に特化した歯科医師(経営者)の話ではなく、
きっちり質の高い診療スタイルを守りつつ小さいなりにしっかり経営をしている歯科医師ということで、ご指名でした。coldsweats01

私は歯科医の家系でもなく、学校も全て公立で、経済的裕福でもなかった人間ですが、どうやって開業をしてきたか、
そのような話をしてきました。

歯科医師のワーキングプア(経済的貧困)が問題になり、皆さん不安なんですね。私も昔を思いだします。
いい仕事をしてしっかり経営できるよう、みなさん頑張ってください。delicious

投稿者 米澤歯科醫院 | 記事URL

2014年11月20日 木曜日

SAFE

いま、歯科は過当競争にさらされています。
経営が成り立っていない病院は大変です。
そんな状況で自費診療のインプラントに手を出さざるをえない。
しかし、そのインプラントも価格競争にさらされています。ネットで調べれば分かる通り激安がたくさんあります。
例えば当院のインプラントシステムは世界の一流ブランドしか使いませんが、それでは到底材料費が出ない価格設定です。大量仕入れとか、信頼のある日本製、、とか売れそうな言動を羅列していますが、現実は少し微妙です。患者さんにとっては価格破壊は一見朗報ですが、技術と製品に信頼性はあるのでしょうか?トラブルは数年後も起こり続けます。
私の衣服や個人的趣味グッズなら、やすくていい物とか、話題沸騰中のはやりもの(すぐにすたっても気にならない)でも全然いいのですが、人の体に埋め込む物です。歴史とエビデンス(確証)がある一流品しか私は使いません。

こんな背景もあって世の中にはインプラントトラブルが続出し、社会問題になっています。

インプラントはいい物です。
入れ歯より便利ですよ、とか分かりやすいメリットも当然ありますが、周りの歯を削らない、周りの歯への負担を減らす、よって口の中の噛み合わせが崩壊するのを止めることができる、すばらしい人工臓器です。
このメリットを患者さんは選択肢として考えることもなく、風評に惑わされて、拒否されてしまいますことはインプラントや噛み合わせの講師等をする私にとっては悲しいことです。

前歯のインプラントは高度な知識と技術が必要です。患者さんに行う以上自分がされてもいいと思う治療でないといけないと考えて自分の左上前歯は抜歯の必要はなかったのですが、インプラントにしました。



まず、歯科医師に正しい治療を広めよう。トラブル症例から学ぼう!と芦屋の有名な野阪泰弘先生と二人で発案した勉強会がSAFEです。
トラブル体験を共有して安全なインプラント治療を広めよう。
という趣旨で3年半、関西の超有名なインプラントの先生20-30名で勉強会をしてきました。

この7月16日そのSAFEの第一回総会を行われました。
なんと歯科医師450名ほどが講演を聴きに来られました。注目されています。
オープニングのプレゼンをしました。新しい試みで、大人数で、私、久しぶりにちょっと緊張しました(笑)



これからもこのような取り組みを続けていきます。
私たちのように、経営優先ではなく、安心安全のインプラントを真面目に行っていることを社会に認知してもらえるようにもがんばっていきたいと思います。それは歯科界のためでもあると同時に患者さんのためと思っています。

投稿者 米澤歯科醫院 | 記事URL

2014年8月 1日 金曜日

師と友について

師匠の本多正明先生



師匠との出会いはさかのぼれば十年以上になります。右も左も分からない若い私をひらってくれた恩人です。
 卒業2-3年の当時私はインプラント、歯周病手術などに興味があり没頭していましたが、噛み合わせの重要性にきづき、あとで述べる矯正の師匠の下間一洋先生の影響で、ナソロジーという咬合の学派の東京の丸山公一先生のオフィスに泊まりこみさせていただいたりして噛み合わせの世界に引き込まれました。
 関西にもどり、途方もなくさまよい歩いてたときに、本多正明先生に出会いました。当時勢いばかりで扱いにくいの20代の私を面白がっていただき、私たちのために勉強会を作って頂いたりしました。
 
 あれから十年以上たちますね。
本多先生は、大きなご病気をされたことがありました。もう先がないかもという告白で、私自宅で号泣した事もありました。私も開業したり、国内外で発表のチャンスを得たり、いろんな先生にお世話になったり、本当にいままでいろんなことがありました。
 本多先生におせわになったのは学術の事だけではありません。人間としてどう生きるか、今でさえよくお説教いただきます(笑)。
40才も超えてかなか面と向かって(馬鹿もん!!!!!!!!)なんていってもらえませんよね。 
怒られている内容に納得できるかどうか別にして(笑)、本当に大切にしていただいている愛情を強くかんじられることは、幸せなことですよね。  
私もそういう人間になって沢山のひとを幸せにしたいとおもっています。
 また沢山の仲間に出会ったことも本多先生のおかげです。みな、おそらく一生の付き合いでで、ライバルでもある友に恵まれたことを感謝しています。

 矯正専門医の下間一洋 先生は本多先生より時期をさかのぼる、もう一人の師匠です。
昨日も世界舌側矯正学会で講演されて応援に行かせて頂きました。
彼がいなければいまの私は存在しえません。 
かみ合わせの世界にひきずり込んでいただいたのも、下間先生の影響です。
診療後、屋台のラーメンをご馳走になりながらいつも歯の話ばかりをしていただきました。
 先週も私東京で講演させていただいたテーマは矯正の咬合です。有名な大学の矯正専門の先生の前でお話させていただくのは非常におこがましかったのですが、一般医と専門医のかけ橋になれば、ということが私の使命だとおもっています。

 人間一人では何もできません。師匠がいて、仲間がいて、私がいる事を強く感謝しています。そして、その恩返しは私が次の世代にそれをすることだと思っていますね。

投稿者 米澤歯科醫院 | 記事URL