ホーム > 審美歯科(補綴修復治療)・ホワイトニング

審美歯科(補綴修復治療)・ホワイトニング

審美歯科 お口の中全体を見て、適正な審美治療をおこないます。
顎の骨に比べて歯が小さい、または歯の本数が足りないなどの原因で、いわゆる「すきっ歯(空隙歯列)」になってしまう場合があります。
すきっ歯は見た目が悪いだけでなく、食べ物のカスが残りやすくなるというデメリットがあります。西宮・芦屋近くにある当院では患者さまのお口の中を総合的に診断し、豊富なセラミック治療の中から適正なものをご提案します。当院の審美歯科治療は以下になります。

すきっ歯でお悩みの方

すきっ歯を解決するために
歯と歯の間が開いて、隙間ができてしまっている状態を「すきっ歯(空隙歯列)」と言います。 すきっ歯は、顎に対して歯が小さかったり、歯の本数が足りなかったりすることが原因となって起こります。 食べ物のカスが歯に挟まってしまうだけでなく、見た目が悪くなってしまうためコンプレックスを持ってしまう方も多い症状です。
人前でうまく笑えない方や口元を手で隠すクセがついてしまっている方は、 治療によってそのコンプレックスを解消しましょう!きっと心からの笑顔で笑えるようになるはずです。
当院では、トータル治療の観点からセラミック治療のご提案をさせて頂きます。
術前 術前

術前

→
術後 術後

術後

ラミネートベニア
ラミネートベニア
「ラミネートベニア」とは、歯の表面を0.3~0.5ミリほど削って、そこに薄いセラミックを貼りつける治療法です。 すきっ歯による隙間を埋めることができる他、変色してしまった歯も白くします。治療時間の短さや摩耗の少なさ、 耐用年数の長さなどから、高い人気を持った治療法です。
術前 術前

術前

→
術後 術後

術後

オールセラミック
オールセラミック
「オールセラミック」とは、金属を使用することなくセラミックのみで歯の隙間を埋める「差し歯」です。 セラミックなので金属アレルギーの心配もなく、光の透過性も天然歯に近いというメリットを持っています。 非常に硬いため、使用感も天然歯と比べて遜色ありません。
オールセラミッククラウン症例
前歯をオールセラミックで改善しました。

術前

術前

 

術中

10日後

 

術後

1ヵ月後

 

症例紹介

すきっ歯の改善 CASE1 オールセラミッククラウン + ラミネートベニア 
術前 術前

術前

→
術後 術後

術後

術前 術前

術前

→
術後 術後

術後

正中の離開を、右側はオールセラミッククラウン・左側をラミネートベニアで治療しました。
歯を削る量を最小限にする工夫です。

CASE2
術前 術前

術前

→
術後 術後

術後

オールセラミッククラウンのブリッジによって治療されています。
左の前歯が欠損しているのがわかりませんね。

CASE3
術前 術前

術前

→
術後 術後

術後

虫歯だらけで変色しているのがコンプレックスな女の子でしたが、笑うことが好きになるかも!?

CASE4
術前 術前

術前

→
術後 術後

術後

前歯2本をオールセラミッククラウンで治療し他の歯をブリーチングしました。

CASE5
術前 術前

術前

→
術後 術後

術後

術前 術前

術前

→
術後 術後

術後

歯列の不正と色調の悪さをブリーチング(歯の漂白)とセラミック治療(ラミネートベニア)で治療しました。

歯肉の漂泊
術前 術前

術前

→
術後 術後

術後

レーザーや薬品を使って歯ぐきをピンク色にします。
もともと色素の問題で歯茎が黒い人とタバコのニコチンによる刺激で、黒くなった人がいます。

イーマックス(e.max)
強度・精度はもちろん、審美性、生体親和性、柔軟性のいずれも高いレベルにある世界最先端のセラミック材料です。歯茎との境目もほとんどわからないほど自然な仕上がりとなります。
ジルコニア
「酸化ジルコニア」を主原料とするセラミック材料です。
医療においても人工関節に使われるなど、人体への安全性も高く評価されています。表面がなめらかで透明感のある美しさが特徴です。
セラミックインレー・アンレー
セラミック材料を使い、臼歯を覆って自然な仕上がりにする詰めものです。
見た目は長期間にわたって変化しませんし、自然な歯に近い透明感や色を再現できます。
術前 術前

術前

→
術後 術後

術後

術前 術前

術前

→
術後 術後

術後

レジン充填
コンポジットレジンという材料を充填することで、銀歯を気軽に白くすることができます。セラミックと比べて強度は落ちますが粘りがあり、歯を削る量が少なく済むという利点があります。
メタルボンド
フルマウスの修復治療症例です。
術前 術前

術前

→
術後 術後

術後

毎日磨いても変色してしまう歯。ホワイトニングで美しい白さに。

歯は毎日きちんと磨いていても、タバコやコーヒーなどによって変色することがあります。そんな歯を白く美しくするのがホワイトニングです。

当院では「ホーム」「オフィス」「デュアル」と3種類の方法で患者さまのご希望にお応えしております。それぞれに一長一短がございますので、ご希望をお伺いして最適のものをお選びいただきます。
ホームホワイトニング
患者さまのお口に合った専用のマウストレーをおつくりし、ご自宅で低濃度の薬剤を塗っていただく方法です。長期間白さを持続できますが、毎日根気よく自分で施術する必要があります。

 

ホームホワイトニング

 

 

ホームホワイトニング

 

 

ホームホワイトニング

 

CASE1

術前

術前

 

10日後

10日後

 

1ヵ月後

1ヵ月後

 

CASE2

術前

術前

 

1週間後

1週間後

 

1ヵ月後

1ヵ月後

 

CASE3

術前

術前

 

1ヵ月後

1ヵ月後

 

2ヵ月後

2ヵ月後

 

CASE4

術前

術前

 

3ヵ月後

3ヵ月後

 

9ヵ月後

9ヵ月後

 

ホームホワイトニングの方法、注意事項
  • 始める前にブラッシングをします。
  • ジェルをトレーに入れます。くぼみから少し溢れる程度。入れすぎると歯ぐきの痛み、少なすぎると効果が十分に発揮されない可能性があります。

西宮・芦屋近くで実績のあるセラミック治療をお求めならお任せください。